« 須田剋太模写 | トップページ | 東大寺模写 »

2009/11/08

紀州街道を歩く

Funamati「街道をゆく」を読むと、堺に来て、紀州街道を歩いてます。
西湊町から、昔の街道が残っていると、歩いたとあり、
自転車で、走ってみました。
挿絵のような、懐かしい軒の低い家は少なく、新しい建物で、綺麗になってました。
船待神社、標識、比較的古い家並み、石津太神社とスケッチしました。Hyouiki KaidouIwatuta
紀州街道は、大阪市中央区を起点に堺市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、阪南市などを経て和歌山市に至る延長約50キロメートルの道。もとは大阪湾岸の集落を部分的につなぐ生活道路でしたが、豊臣秀吉が大阪城を建設してからしだいに整備されてきました。と、ありました。ほんのご近所だけを、スケッチしました。

|

« 須田剋太模写 | トップページ | 東大寺模写 »

コメント

MITIさん ヾ(*′○`)゚.+:。゚☆こんばんわぁ~☆
「街道を行く」旅行記でしたと思いますが・・
NHKで放送されていたように記憶していますが?(違いましたかね?)
知らない町を歩いて散策するのも楽しいですね。
迷子にならないように気を付けて下さいね。

投稿: kazu | 2009/11/09 20:40

( ゚▽゚)/コンバンハ~!
街道をゆくの挿絵を描かれた須田剋太・・・MITIさんも同じように紀州街道・昔の道を歩かれたのですね。
船待神社は菅原道真公が大宰府に左遷されたときに船待ちをした場所なのですか。メモφ(・ω・ )メモメモ勉強になります。
そして、豊臣秀吉・・・?歴史の跡をめぐって・・・。
好い時間を過ごされていますね~!

投稿: ひろ | 2009/11/09 21:01

★kazuさん
こんばんは
これは、ほん近くなのです。
しっかり見ていなかったので・・・
改めて、よく見た思いでした。
NHKは、よく覚えてません。
司馬遼太郎の綿密な歴史感のうえで
旅した記録ですね。

投稿: MITI | 2009/11/09 23:39

★ひろさん
こんばんは
紀州街道は、古くからの街道ですので、
秀吉は出てきますよ。
なかなか私も歴史の、勉強になります。

投稿: MITI | 2009/11/09 23:41

MITI さん おはようございます

お元気ですね。
昔の街道も時代と共に変わっているのでしょうね。
意外と近くても見て居なかった所がありますね。
良く描いていらっしゃって、凄いと思っています。

今週は信州の海野宿に行きます
雨の予報で残念です。

投稿: サンス | 2009/11/10 10:30

歴史のある街道沿いのスケッチですか?
このような素敵な街並みにMITIさんのお宅もあるのですね。
私の家の周辺はみんな改築されて、
新しい家ばかりになっています。

投稿: nyar-nyar | 2009/11/10 14:25

★サンスさん
こんばんは
コメントありがとうございます。
「街道をゆく」をよんで、歩いてみました。
見慣れた風景も、改めてては、描きにくいものですね。
道は難しいです。
雨が・・・残念ですね。充分に楽しんできてください!

投稿: MITI | 2009/11/10 23:27

★nyar-nyarさん
ありがとうございます。
すぐの近くは、また、違うのですが、
街道の残ってるところでは、ほんこの間まで
古い民家が残っていたですのに・・・
みんな新しくなってました。
描くのには残念です。

投稿: MITI | 2009/11/10 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 須田剋太模写 | トップページ | 東大寺模写 »