« 興福寺での仏像 | トップページ | 須田剋太の数々 »

2009/09/01

天理大学・参考館

You4
天理大学の参考館にも行きました。
「水は使わない、静かにスケッチする」とお願いして、かかせていただきました。
聞きしに優るすばらしいものばかりでした。
1~3階までの展示でしたが、私は、3階の唐時代、漢時代の俑、画像石など、
たくさんスケッチしました。
どこにでも勉強する場はあるのですね。
もう一度行ってみたいです。
You5
You6

|

« 興福寺での仏像 | トップページ | 須田剋太の数々 »

コメント

俑はそんなにどこでも見られるものではありませんよね。
とてもいいチャンスでしたね。
この素朴な感じ一度は体験したいです。

投稿: etegaminikki | 2009/09/02 08:40

うーんなかなかいいですね
何処でも勉強が出来るMITIさんに頭が下がります。

投稿: やっこババ | 2009/09/02 08:46

うふふ、なんだか人間ぽいですね~、いけない、人間よね。

投稿: 魔女メグ | 2009/09/02 18:00

抽選に当ってたんですね☆
すごーいです。。

素敵な記念の絵手紙を、アップ
ありがとう。

いつか、ゆっくり行ってみたいです。

投稿: ムッチャン | 2009/09/02 21:06

★nikkiさん
俑、時代の過ぎて、今にある姿
何だか、ロマンを感じますよね。
2時間もかき続けると、疲れてしまいました。
見つけると、嬉しいですね。

投稿: MITI | 2009/09/02 22:09

★やっこババさん

ありがとうございます。友がいる幸せです。

投稿: MITI | 2009/09/02 22:10

★メグさん
幾時代を乗り越えてきたのでしょうね。
人間は滅びますが、俑は、発掘されました。

投稿: MITI | 2009/09/02 22:12

★ムッチャンさん
そうなんですよ。たくさんの中から
行かせて頂きましたよ。
熱気でムンムンの奈良でした。
奈良へお越しの折は、お声かけください。
お待ちしてます。

投稿: MITI | 2009/09/02 22:15

MITI さん こんばんは

なんとシンプルなスケッチでしっかり感じが伝わってきます。
制限された中で良く描かれたと思います。
素晴らしいですね。

投稿: サンス | 2009/09/02 22:33

MITIさん ヾ(*′○`)゚.+:。゚☆こんばんわぁ~☆
何かの本で読んだ記憶があります。
死者とともに埋葬した、人形ですね。
実際には拝見したことはありません。
シンプルなものほど難しいのでしょうねぇ~写生も絵も


投稿: kazu | 2009/09/03 00:45

すごーい 沢山描かれましたね。
毎日 楽しみに見させて頂いてます。
墨の色も タッチも心にくいまでに素敵です。

投稿: 豆ぞう | 2009/09/03 17:40

MITIさん こんばんは
なんかMITIさんに問いかけてくれてるみたいですね。
私の家のまわりをぐるぐる回られたのですね。(^^♪
天理大学にあるのは知らなかったです。
きっと私より奈良のこと詳しくなっちゃうかも(≧∇≦)

投稿: うさぎちゃん | 2009/09/03 21:04

★サンスさん
遅くなりごめんなさい!
ありがとうございます。線の練習です。
ただただ書いてます。

投稿: MITI | 2009/09/04 08:16

★kazuさん
ごめんなさい。遅くなりました。
俑は、埋葬品ですね。
素焼きのものです。それが、生活の
いろいろなものが、出てくるので
当時を偲ぶ事が出来ます。

投稿: MITI | 2009/09/04 08:19

★豆ぞうさん
見ていただいて、ありがとうございます。
私も、いつも見せていただいています。
なかなかコメントが残せず、ごめんなさい。
どこでも勉強ですね。

投稿: MITI | 2009/09/04 08:22

★うさぎちゃん
(^∇^)アハハハハ!
何度か、帯解を通過しました。
9人の、大勢でしたので・・・
絵手紙で紹介されたところを
回ってました。疲れましたよ。(´・_・`)

投稿: MITI | 2009/09/04 08:25

すごいすごいheart02
かっちょいい~♪

こんな描き方のお勉強 楽しそうですね。

投稿: ぽんぽこ | 2009/09/04 14:41

★ぽんぽこさん
ありがとう!
講師に行かれて、良かったですね。
きっと楽しくいい時間だったでしょうね。
感心します。

投稿: MITI | 2009/09/04 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 興福寺での仏像 | トップページ | 須田剋太の数々 »