« 愉しい日々に | トップページ | ブロバンスのスケッチ② »

2008/10/18

ブロバンスのスケッチ①


Marutigu1
10月2日から12日まで、南ブロバンスの美しい自然に取り囲まれた田舎をスケッチしてきました。18人の先輩方とご一緒に、有意義な愉しい旅でした。
またまた日本人にお会いしませんでしたが、日本語の挨拶は、すばらしい発音で、私たちに惜しみなく声かけてくださって、嬉しい限りでした。判らないフランス語でも、笑顔でにっこりで対応し、「メルシー」
はじめは地中海と湖をつなぐ運河の町「水鏡の町」マルティーグでスケッチしました。たくさんの画家が好んで描いた地域で、画廊があちこちに見られました。大変な風と寒さに震えながら、頑張りました。sad
Sitorondyurannsugawa
次に異動した「シストロン」人口7000人の町、ナポレオン街道があり、のんびりと古い町並みを大切にしていました。
またまたここでも「ミストロン」と呼ばれる季節風に悩まされ、凍える手、飛ばされそうな紙をしっかり押さえ、スケッチしました。
デュランス河はエメラルド色の水が豊かにながれ、樹木は色づき始め、本当にきれいなところでした。
下は12世紀に築かれたお城がそびえてました。
Toride_2
画像の上でクリックしてください!大きなサイズでご覧ください!
まだまだたくさんかいて来ました。又次に見てください!
まだ整理が出来ていません。bearing

|

« 愉しい日々に | トップページ | ブロバンスのスケッチ② »