« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/29

ブロバンスのスケッチ⑤


Rurumaran2
最後の日のスケッチ、遠くに見える村は本当に懐かしくさえ思えました。この静けさとのお別れでもありました。

Musutisanto
↓シトロンの日の出は遅く、目をくらませながらかきました。
ルールマランの街は、時計台の鐘の音で一日が動いてました。

Sisutoronnhinode Rurumaran4

|

2008/10/24

ブロバンスのスケッチ④


Rurumarann1_2
Rurumaran3
ルールマランの街です。狭い通りにお店が並び、人々がゆったり行きかってます。オシャレなお店もいっぱいあります。
お昼には、ノンビリ、ワインやお茶に、パン、ピザで楽しんでいます。時間はゆっくり流れ、生活を楽しんでいるように思われました。
大きな犬も、ゆうゆうと街を歩いてます。騒がしい音楽も聞えません。テレビも見受けられません。どうしてこんなにオシャレで静かなんでしょう!
古いたたずまいを残したこの街がとっても居心地よく感じられました。

| | コメント (21)

2008/10/22

ブロバンスのスケッチ③


Sitoran_2
カステェーヌの町には、
古い建物が大切にされていた。
町一番古い建物です。(左)
人口250人の町は、静かでノンビリ、自然がいっぱいでした。
山の上からは町々がみられ、
紅葉がきれいでした。
ここでのお食事は、最高でした。美人は娘さん、好少年が運んでくださり、日本人の好みに合うお料理でした。(香辛料が適度でした)
すばらしい紅葉に出会え幸せ、
最高の静かな時間、絵に没頭できました。
Sitoron2
Kasutiriannu

|

2008/10/19

ブロバンスのスケッチ②


Sitoron Fonsyado
シストロンの町では、モーターショーが開かれていて、トヨタ、スズキが並んでました。びっくりです。城壁の名残に華やかな旗が飾られ、教会の前で開かれていました。山は石灰岩で、白く樹木がすくなかったです。でも、大小カタツムリは、いっぱいでした。
Arupusu
アルプスの端っこが遠くに見られました。
白い山です。遠いところに来たと実感しました。
Senntobikutoria
セザンヌが84枚描いた山(セントビクトワール山)です。セザンヌの別荘にも行きました。バスからの速写です。この山は大きな山で、方角によっていろんな変化をしました。バスでの移動の間、見え隠れするこの山に、感動し続けました。

|

2008/10/18

ブロバンスのスケッチ①


Marutigu1
10月2日から12日まで、南ブロバンスの美しい自然に取り囲まれた田舎をスケッチしてきました。18人の先輩方とご一緒に、有意義な愉しい旅でした。
またまた日本人にお会いしませんでしたが、日本語の挨拶は、すばらしい発音で、私たちに惜しみなく声かけてくださって、嬉しい限りでした。判らないフランス語でも、笑顔でにっこりで対応し、「メルシー」
はじめは地中海と湖をつなぐ運河の町「水鏡の町」マルティーグでスケッチしました。たくさんの画家が好んで描いた地域で、画廊があちこちに見られました。大変な風と寒さに震えながら、頑張りました。sad
Sitorondyurannsugawa
次に異動した「シストロン」人口7000人の町、ナポレオン街道があり、のんびりと古い町並みを大切にしていました。
またまたここでも「ミストロン」と呼ばれる季節風に悩まされ、凍える手、飛ばされそうな紙をしっかり押さえ、スケッチしました。
デュランス河はエメラルド色の水が豊かにながれ、樹木は色づき始め、本当にきれいなところでした。
下は12世紀に築かれたお城がそびえてました。
Toride_2
画像の上でクリックしてください!大きなサイズでご覧ください!
まだまだたくさんかいて来ました。又次に見てください!
まだ整理が出来ていません。bearing

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »